RBリスクベネフィット東海北陸支部

24時間・年中無休対応
0120-623-756

施工事例

トップページ>施工事例>【特殊清掃】業界唯一の特許申請技術で完全解決

【特殊清掃】業界唯一の特許申請技術で完全解決

橋の中になります。この奥60m程進んでいきます。
残置物が広範囲に渡ってあります。
この場所で亡くなったようです。害虫の卵が多くあります。
排泄物除去後の洗浄中です。
こちらも汚染物洗浄中です。
自社専用タロウを使用して、体液・汚染物の洗浄・拭き上げを数回行って。だいぶきれいになっています。
壁の拭き上げ作業です。
天井の拭き上げ作業です。
最後に消臭・消毒剤を散布しました。

静岡県静岡市の橋の内部で孤独死が発見されたとのことです。

HPを見て、市役所のご担当者が検討した結果、リスクベネフィット本社へ直接お電話をした、とのことでした。
橋内部で生活されていたので、臭いを消し、残置物を撤去して、清掃をしてほしいとのご依頼です。

「…橋の内部?」

このような現場は初めてになるので、現場にて調査を行うことにしました。
現場到着後、市役所の方と間に入る工事担当の方と挨拶を交わし、内部の説明を頂き、スタッフ数名で中に入って現状確認を行いました。

中は薄暗く懐中電灯とカメラを準備しました。
橋の内部へは人一人がやっと入れるほどですが、中は想像以上に広く、60メートル程奥に進んで行くと、臭気も次第に強く感じられ人が住みついていた形跡がありました。

亡くなっていたと思われる付近には害虫の卵が多くあります。
入口から亡くなられた場所までの間にライター・ティッシュ・お弁当の空等、色々な残置物があり、また広範囲にわたって排泄物もかたまってありました。

それでは2名で孤独死清掃作業を行います。
当社は業界では初めて、孤独死清掃、消臭に伴う一連の作業技術を技術特許として申請している唯一の特殊清掃会社です。
【特願2018-2235742】故人及び/又は動物の放置された部屋の消臭方法この点が、市役所様から評価いただき、ご依頼に至ったようです。

1日目は橋の中に入り残置物と排泄物と害虫の撤去を行っていきます。
排泄物は塊化しておりプラヘラで削り取る作業を行いました。
その後は亡くなられた場所の汚染物除去作業になります。
自社専用タロウ(体液専用除去剤)を使用して、洗浄と拭き上げ作業を数回繰り返し行っていきます。
(人間の脂分は市販の薬剤では落としきれません。)

また清掃作業が広範囲に渡ってあり、汚れのある個所は2名で洗浄・拭き上げを行いました。
作業当日は猛暑日でとても暑く、厳しい作業になりましたが、次亜塩素酸を使用した消毒作業まで終わらせました。

翌日2日目は壁・天井の拭き上げ作業を行います。
消臭剤を使用しながら、隅々まで入念に拭き上げていきます。
広い範囲ですので時間がかかりました。
汗だくになりながらの作業でした。
最後に消臭剤・消毒剤を広範囲に渡って散布して、作業を終了致しました。

担当者様は橋の中に入って確認されなかったのですが、施工写真をご覧になりご納得頂きました。
かなり特殊な現場作業でしたが、担当者様に感謝されて、私どもも地元静岡でお力添えでき光栄に思います。

  • 作業: 汚染物除去+消臭消毒作業
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 756000(税込)円(税込)