RBリスクベネフィット東海北陸支部

24時間・年中無休対応
0120-623-756

施工事例

トップページ>エリア>【特殊清掃】世間とつながりを持たない男性の孤独死清掃依頼

【特殊清掃】世間とつながりを持たない男性の孤独死清掃依頼

孤独死の発生した浴室
体液を除去していきます
家財が全て残された状態です
一つ一つ分別を行っていきます
家具、家財を撤去しました
ゴミも手運びで出していきます
畳も剥がして解体に備えます
貴重品はまとめておきお客様にご返却です
ゴミ、家財を撤去し解体準備完了です

三重県四日市市よりご依頼です。

一人暮らしをしていた親族の方が2カ月ほど前に孤独死され、
お住まいの取り壊しが決まった為、孤独死したあとの清掃と遺品整理でお問い合わせ頂きました。

故人様は長年一人で暮らしをしてきたそうで、近所との交流もあまりなかったとのことです。
年配の男性の方は世間とのつながりを重視しなくなる傾向にあるようで孤独死に繋がりやすいという統計も出ています。

実際当社でお引き受けする孤独死案件の多くは男性が占めており、亡くなった後の発見が遅れ近所の方が異臭で気が付くという場合が多いのです。

ご家族の方は問題のお宅の取り壊しを決めたようで、臭気の付いた家具や衣類といった家財一式の撤去と、体液の付いた浴室の特殊清掃をご希望でした。

作業内容を確認し、早速作業スタートです。
まずは浴室に残った体液の除去から始めます。現場に入る前に手を合わせ故人様のご冥福をお祈りしてから入室します。

発見されてから2カ月が経過している為、体液の表面は乾いていますが、それでも浴室という狭い空間ですので臭気を強く感じます。

浴室全体に当社オリジナル消毒液のRB酸水を散布し、体液を除去します。
体液を除去したら体液専用洗浄剤のタロウで洗浄していきますが、体液には脂分も多く含まれるため洗浄しては拭き、洗浄しては拭きの繰り返しです。

根気よく洗浄を続け、仕上げに消臭剤のダンボを散布しオゾンガスによる簡易消臭を行い臭気はだいぶ落ち着きました。

浴室の特殊清掃と並行して遺品整理と家財撤去も行っていきます。
玄関を始め、家中に浴室で発生したと思われる大量のハエの死骸が転がっており、衛生面が悪化しておりますので、こちらでも当社オリジナル消毒液のRB酸水を散布し、不用品の分別作業を開始します。

不用品の分別ルールは市町村ごとに異なり、いい加減に分別を行うと最終的に処分場にて受け入れて頂けなくなるといったトラブルに繋がりかねないのと、一企業として社会で定められたルールを遵守徹底することは当然ですので、スタッフ全員で共有してから作業にあたります。

分別を行う中で貴重品や思い出の品と思われる物が出てきたら勝手に判断をせず、必ずお客様に確認するよう徹底しておりますのでご安心ください。
こちらの現場でも土地の権利書や印鑑、思い出のアルバムが出てきましたのでお客様にお渡しし大変喜んで頂けました。

全ての分別が完了し、不用品や家財を撤去するとご自宅内はとても広く感じられるようになりました。

立ち会ってくださったお客様からは、孤独死現場の浴室の臭気が大幅に落ちたこととスピーディーな家財の撤去を大変お喜び頂き納品となりました。

  • 作業: 特殊清掃、遺品整理
  • 人数: 3人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 317,999円(税込)