RBリスクベネフィット東海北陸支部

24時間・年中無休対応
0120-623-756

施工事例

トップページ>施工事例>【マンション室内孤独死】! 賃貸物件退去処置リフォームまでの施工

【マンション室内孤独死】! 賃貸物件退去処置リフォームまでの施工

ごみが堆積している状況です。
床を剥がし、汚染箇所を洗浄します。
古紙類が車のトランクに山積みとなりました。
トイレの床、剥がし終えました。
CFを張っていきます。
当社でCFを張り綺麗になりました。
トイレの床の張り替え完了です。
同系色の床材を用いて、見栄えよく仕上げました。

賃貸物件所有の大家様からお問い合わせがありました。
1日でも早くお願いしたいと単刀直入のお電話です。
ご希望にお応えできるよう、急ぎで現場に向かいます。
今回はマンション一室の特殊清掃で完全消臭、リフォームまでの施工になります。

それでは特殊清掃業務開始です。
玄関を開け、入室。
腐乱臭はほとんどなく、ごみの臭気が強いと感じました。
まずは、自社の消毒剤であるRB酸水を散布致します。
オゾンガスを併用し、初期消毒をし作業が可能な環境を整えます。

オゾンガスは、酸素(O2)を原料にして作られ、雑菌や臭い物質と反応し、殺菌、脱臭を行うことができます。
オゾン自体が、細菌の細胞膜を破壊し、破壊されたことで細胞の核が溶け、菌が死滅します。

次に消臭を施すために遺品を撤去いたします。
遺品整理ですが自治体の決まりに従い分別します。
家財道具は床を埋め尽くし山積みになっていましたが、現金や貴重品、思い出の品が混在していないか慎重に確認し、発見時はお客様にお渡しいたします。

古紙類が多かったので、資源ごみとして有効利用するよう、リサイクルステーションに運びました。

結果として不用となった廃棄物は適法に処分します。
廃棄物の処分の最終責任は各自治体にあります。
当社は、市町村ごとに既存の一般廃棄物収集運搬業者と提携しており、アウトソーシングすることで現場まで回収にきてもらい、運搬と処分を委託しています。

また市町村によってはご依頼者様にトラックへ同乗で行政の処分場へ持ち込むことを決まりとして設けている自治体もあり、最終的な責任を持つ行政(市町村)の定めたルールに則って処理いたします。

不要品撤去後は消臭作業です。
自社の消臭剤、ダンボを用いて、オゾン燻蒸と合わせた、最高峰のショックトリートメント法®で殺菌・消臭をしました。

床下にも汚染が広がっており、床を剥いだ後、特殊薬剤を散布し洗浄作業を行い、クッションフロアーを貼りました。
トイレも壁紙と床を剥がし、床と同様に洗浄を行い張り替え、きれいに仕上げました。
水回りのクリーニングとともに非常にきれいになりました。
フローリングの床の表面を拭き上げ、掃き掃除等の簡易清掃を行いました。
大家様に納得をして頂き、納品となりました。

  • 作業: 原状回復
  • 人数: 14人
  • 日数: 7日
  • 参考費用: 763,210円(税込)