RBリスクベネフィット東海北陸支部

24時間・年中無休対応
0120-623-756

施工事例

トップページ>施工事例>認知症の母が逝去、スピード重視の孤独死現場

認知症の母が逝去、スピード重視の孤独死現場

ベッドの上でご逝去体液が残っています
枕にも体液が付着していました
汚染物の撤去を始めます
ラッピングで臭気を封じます
外から体液が見えない工夫も忘れません
消臭剤の「ダンボ」を散布
オゾンガスによるオゾン燻蒸作業
ゴミを片付けて最低限お客様の通路を確保
綺麗に片付けて納品です

今回ご紹介するのは大垣市で行った特殊清掃作業です。

東京にお住まいの息子さんから岐阜で一人暮らしをしていたお母様が孤独死してしまったとのことでご連絡頂きました。

お父様は何年も前に亡くなっており、お一人で暮らしていたそうです。
東京で一緒に暮らすことも提案されたそうですが、長年住み慣れた土地を離れる事は出来なかったそうです。

お客様はお仕事の都合もあり、現地に行けるのは限られた日程のみ。
ご指定頂いた日もこちらの作業が終了次第、親族総出で家を片付けるとのことでした。

当社が請け負う孤独死などの特殊清掃で、ご家族や親族の方が入室可能な状態にするための悩むなパックの作業時間はおよそ2~3時間。
そのため午前中から作業を開始出来れば午後には入室が可能な状態に出来ます。
作業に立ち会う必要もありませんので、現場の鍵だけお預かり出来れば後はお任せ頂いて結構です。

こちらのお客様はご近所の方の目をとても気にしていらっしゃいました。
孤独死の臭気等でご迷惑をお掛けしたことを気にしていらっしゃるのでしょう。
当社作業員も極力近所の方の目に触れない様気を配って作業を行うことをお約束し、ご納得いただいた上で即作業スタートです。

玄関で手を合わせてから入室し進んでいくとお家はどこもゴミだらけです。
軽度の認知症もあったそうで、家の中は生活ゴミや大量の衣類で散らかっています。
奥のベッドの上でご逝去されたようで、お布団や枕、床に体液が広がっていました。

体液を媒介にハエや蛆虫も発生していましたので、作業員の安全を確保する為当社オリジナルの消毒剤「ダンボ」を散布して衛生面を確保。
作業員が安心して作業出来る環境を整えて作業開始です。

まずは体液がどこまで広がっているのか、汚染物はどれくらいあるのか、汚染の範囲を確認していきます。
どうやら先に入室したご親族の方が体液の上に衣類等を置いて臭いを抑えようとしたらしく、体液が付着した衣類が大量に出てきます。

体液には病原菌も多数含まれるため、防護服や防護マスク、必要な装備と知識を備えていない状態で入室するのは大変危険です。
一般の方は入室を控えた方が賢明です。

汚染物を全て撤去し、体液の付いた床を当社オリジナルの洗浄剤「タロウ」で洗浄していきます。
一度の洗浄では体液は落ちませんので何度か洗浄を繰り返します。

体液を吸った畳は臭気も強い為、ラッピングと呼ばれる処理を行い臭気を封じ込めます。
こちらのラッピングも当社が試行錯誤の上で編み出した技術の一つです。
廃棄で運び出す際、体液を吸った部分が人の目に触れない様ブルーシートを使用し見えないようにする配慮も忘れません。

最後にオゾンガスを発生させて臭気と反応して消臭するオゾン燻蒸にて、除菌と消臭を行いました。
近所の方に知られない為の配慮も行いつつ、スピード重視で進め午前中で作業を終えました。
臭気も半減しています。

心配そうにしていたお客様も、これで今日中に遺品の整理をして東京に戻れるとお喜びでした。
すぐにご親族の方総出の遺品整理が始まり、現場を後にしました。

  • 作業: 特殊清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 参考費用: 86,663円(税込)